インプラントに予防を

歯周病予防でインプラント保持

インプラントを保つ為歯周病予防

普通の入れ歯は歯を削りますが、インプラントは健康な歯を削らなくても歯の治療ができます。失われた歯根の代わりに顎骨に人工の歯根を埋め込みます。見た目も普通の歯と変わりがなく、美容面でも大きなメリットがあります。また、失った歯と同じように噛む力が元通りになることも特徴です。入れ歯のような歯が外れてしまう心配もないのです。ただし、歯周病になってしまうとインプラントを埋め込むこともできず、抜け落ちる恐れもあります。そのため、日々の歯のメンテナンスと予防は欠かせないものとなります。綺麗な歯を保つためには、歯周病の予防は必須となります。

インプラントと歯周病治療

インプラントをする際には、歯周病が進行している場合には、従来の治療方法で治療をできない可能性があります。顎の骨が金などに溶かされすぎている状態になってしまった場合には、金属を埋め込むことができないため、しっかりとした治療を受ける必要があります。歯周病が進行しすぎている人の場合には、歯茎の再生治療などを受けてからインプラントの金属を埋め込んでいく必要があります。再生医療を受けることによって、多くの人が治療の適応対象に変わります。口の中の健康状態を大きく変えていくことができるため、良い治療ができます。

↑PAGE TOP