インプラントと煙草

インプラント後の煙草で歯周病

インプラント治療後のトラブル

たばこを吸っている方は、インプラント治療を受けた後の炎症や歯周病などのトラブルが起きるリスクが非喫煙者と比べると高いとされています。その理由はいくつかありますが、まず喫煙によって免疫力が低下するため、感染のリスクが高くなることや血管を収縮させてしまうニコチンの作用によって埋め込んだインプラントと骨がしっかり適合しないことが挙げられます。また唾液の分泌量も減るため、口内の自浄作用が機能せず歯周病のリスクもあがるのです。このようなことから、たばこは治療後のトラブルに大きな影響を与えますので、治療を考えているのであれば禁煙も考えることが必要なのです。

歯周病歯抜けたらインプラント

歯を支えている骨を溶かし、歯が抜ける原因となる歯周病。もし、歯周病で歯が抜けてしまったらインプラントがおすすめです。インプラントは歯を支える骨がなくなってしまった部分に新たに土台を作り、その上に歯を固定する方法をとります。ブリッジのように周囲の歯に影響を与えることなく、さらに入れ歯のように取り外す作業も必要ない上に、骨に固定されているため自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。手術が必要なため価格は高額にも思えますが、毎日の食事を楽しめることを思えば、そこまで高いものでもないと思えるかもしれませんね。

↑PAGE TOP